知識、経験、スキルを生かして副業を探そう。

シニアの副業
スポンサーリンク

スキルを生かして副業を探そう。

長年、仕事をしていると、その道では達人レベルのスキルを持つことができます。
そのスキルを、次の副業に生かすよう考えてみましょう。
職務で働くことにより、ご自分のスキルアップができ、身についた特技ともいえます。
定年となるシニア世代になり、副業を探すとき、その特技があるのなら、かなり幸運といえるでしょう。その特技が生かせたら、かなりの高収入が期待できることと思われます。

フォークリフト免許

一例として、フォークリフト免許を持つ方なら、運送会社などでフォークリフトを使った業務があります。
屋外での作業のこともあり体力的には厳しい可能性もあります。時間を限定して働ける職場を探すのがよいでしょう。

経理や営業

それから、経理や営業の経験がある方には、人手不足の業種なのでたくさんの求人があります。
若者は即戦力にならず、すぐに成果を出すことは難しい分野です。しかし、長い年月に渡り営業をやってきたシニアならば、人と接することに慣れており交渉力も秀で、すぐに成果をだせるでしょう。
販売する商品の大まかな内容を把握したなら、お客との交渉には自信があることと思います。
経理についても同様のことがいえます。
経理システムについては会社固有の部分がありますが、税金や収入、支出の仕組みは共通知識です。
個別に対応する伝票処理など得意なことと思われます。

スポンサーリンク

シニアならではの知識、経験を役立てよう。

業務上でシニアの経験と知識、知恵が役立つ場面はたくさんあるでしょう。
シニア世代にどのような副業がオススメなのかというと、それはご自分が自信を持っている分野です。
世間一般ではオススメの業務であっても、人それぞれで適性によりますが、まったく知らないことをはじめから学びなおすことはは簡単なことではないでしょう。
ご自分の特技と得意分野が何であるかを冷静に考えてみましょう。
直接、業務をする立場でなくても若者への指導という立場も需要があります。

知識、経験、スキルのあるシニアにとっては幅広く業務を選べる立場にあるともいえます。

しかし、ご自分の体力と暮らしのゆとりを考えたうえで、慎重に業務を選ぶことが必要でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました