シニアの副業は余暇を生かそう。

シニアの副業
スポンサーリンク

シニア世代の定年退職後の暮らし

シニア世代の方が定年退職が間近になるにつれ次の職業を考えるのではないでしょうか?
通常の人々は60歳で定年となったとしても年金を受給できるのは65歳になっているので、65歳までの5年間は収入がなくなってしまいます。
働かなければ暮らせないと考える方々はご自分にできそうなおすすめの副業や仕事をインターネットなどで探し始めることでしょう。
現実にいくらくらいのお金を有してなければならないのでしょうか。
一般的にご夫婦二人の1か月の生活費は平均約20万円くらいと言われています。
ただし、持ち家の有無、ローンの有無などにより生活費は違ってきますから、ご自分のケースはどのくらい必要かを考えて調べたりしてこれから先の支出予定額をおくことが大切です。
そのうえで、副業などによる収入を考えてみましょう。

スポンサーリンク

シニア世代の副業探しのポイント

インターネット上のオススメ副業では高額収入も期待できるとの記載があるサイトが多いようです。しかし、それは計算上の最高額となっている場合が多く、現実はかなり厳しくなっていることがほとんどのようです。
誰もが簡単に高い給与を手にしたいと考えるでしょうが、リアルな世の中はうまくいかないことが多いものです。
そのようなことを考慮したうえで、ご自分にできそうなことを考えてみましょう。
シニア世代の年齢になるまでに主にご自分がやってきた職業で、昨今の求人案件で求められる特技のようなものはないでしょうか。得意とする分野で働けたらかなり有利です。
まだまだ経験が大きく影響する職場が多いようです。また、資格があれば働ける職場も多いようです。
ご自分にできることで体力を考えつつ無理をなさらないことが副業を探すうえでのポイントになります。
定年退職後は体力や判断力は若い世代よりも鈍っていると自覚しなければなりません。なので大きな責任を伴う立場は避けたほうがよいように思われます。
最近では高齢者による自動車事故などが多くなっています。このような事故はご自分の能力を客観視してないため起こることが多いようです。
ご自分ではご自慢していることでも周りから見るとたいしたことではないケースも少なくありません。ご自分を客観視してご自分の能力を把握してみることも大切でしょう。

スポンサーリンク

シニアの副業の平均的な収入額

さて、シニアの副業の平均的な収入額をみてみましょう。
警備員や調理まかないなどのアルバイトの時給は最低賃金より少し上ぐらいのようです。
時給としては低い方といえるでしょう。
ただ、勤務時間はフルタイムではなくやや自由がききますので、フルタイムで働くつもりがない人には気軽にできる副業でしょう。
これから先、どのような仕事を副業にするかについてはご自分で決めることが大事です。インターネット上の情報だけで判断すべきではないでしょう。
特に収入額が気になるのであれば、たくさんの情報をチェックしましょう。
思ったよりも大変な仕事なのに収入は期待したほど多くないケースはよくある話です。

懸命に探すほど、良い条件の副業と出会える確率はアップすると思われるので、がんばって探してみましょう。

たとえば、データ入力などのネット上の副業などの場合は、時間などに拘束されずできることが多いので、はじめの1ヶ月ほどがんばってみて、どのくらいの報酬が得られたかにより、その先、本腰を入れて取り組むか、ほかの副業を探すかの判断をしたほうが賢明でしょう。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました